ITスキル 30分 診断 (*1)

  • 経済産業省、IPA(情報処理推進機構)のスキル標準(ITスキル標準、組込みスキル標準、情報システムユーザースキル標準)をベースにエンジニア必要なスキルを全てカバー
  • IPAより公開されたiコンピテンシ ディクショナリ(iCD)2015のタスクを取り入れています
  • WEB上で提供するオンラインサービスです。インターネットがあればいつでも利用可能。多人数の診断にも対応
  • ご利用企業ごとに専用URLを用意。管理者用画面から、社員の診断結果を一括管理。各種データのダウンロードも可能(CSV形式)

※バージョン表記を「CCSF版」から「Ver.7」に改めました。サービス内容、スキル診断内容に変更はありません。Ver.7(CCSF版改め)に含まれるタスク構造はiCDのタスク構造としてそのままご利用いただけます。
(iコンピテンシ ディクショナリ[iCD]自体が、共通キャリアスキルフレームワーク[CCSF]のタスク構造を継承しているため)


DSシリーズではスキル診断結果を効果的に活用できます

  • これまで普及していたスキル標準(ITスキル標準,組込みスキル標準,情報システムユーザースキル標準)では、育成の際の要となる「スキル項目」の内容が現場での実作業に沿った表現で記述されておらず、企業の担当者にとって、診断結果から弱点や強化すべきスキルを明確にすることが必ずしも容易ではありませんでした。
  • DSシリーズでは、iCD(iコンピテンシディクショナリ)を利用して、この問題を大幅に改善。スキル項目と実業務の関係が明確になり、診断結果をより効果的に活用できるようになりました。
  • 「ITSS-DS」の設問はIPA“プロフェッショナルコミュニティ”のメンバーを中心とした「ITSS-DS改訂設問精査WG」により作成・監修。「ETSS-DS」、「UISS-DS」の設問についても、豊富な経験・知見を持つiSRFスタッフが改定しました。

(*1):基本診断(オプション診断を含まない)において、総合スキルレベル(Lv0.0〜7.9)の判定に必要な全ての設問に対し1問あたり10秒間程度で回答した場合にかかる平均的な時間

資料請求/お問合せはこちら