DS Advanceとは

 DS Advanceは、お客様ご自身の手でスキル/キャリア体系を構築するための、システム領域と作業用のソフトを提供するサービスです。
 DSシリーズと同じプラットフォームを用いて、自社独自のスキル診断を作ることができます。
 また、IPAより公開されたiコンピテンシ ディクショナリ(iCD)2015を活用して自社に必要なタスクやスキルを盛り込むことができます。


  • 当社サーバ上にお客様専用のシステム領域をご用意します
  • お客様は別途提供する作業用ソフトウェアを用いて専用領域にアクセスし、お好みのスキル/キャリア体系を登録することができます
  • 登録後は社員様にWeb上でスキル診断を受診していただくことができます

こんなお客さまのお役に立ちます

自社スキル体系を整理/構築したい

  • iCDを活用して、自社のスキルをアレンジしたいがどうすれば?
  • 「クラウド」「ビッグデータ」など、新しい技術や多様化するサービスに対応できる人材像の設計が追い付かない・・・
  • 標準モデルではなく、自社独自のビジネス上の目標や実際の業務(タスク)に基づいた、人材像の設計とアセスメントが急務・・・
  • ITSSはスキル項目が大くくりで結果を活用するのが難しい・・・

活用しやすいスキルテンプレートを用意。専用の作業ソフトを使えば簡単、スピーディーに実現できます


スキル診断を実施したい

  • スキル体系自体は創ったが、どうやって社員のスキルを測ればよいのか?
  • 社員数が多いのだが、手軽に、一斉に、スキルアセスメントが行なえないか?

専用の作業ソフトで、Web上の診断システムへ一括展開。多人数の診断に対応できます


何から手をつけてよいか分らない

  • 社内でどんな体制を組めばよいのか?一人ではできそうにない・・・
  • そもそもスキル標準とか独自スキルとかの関係は?
  • この件について、とにかく一度、体系的に勉強したい

経験豊富なコンサルタントが強力にサポートします


他のDSシリーズとの違い

DSシリーズにはそれぞれ特徴があります。用途に応じて最適なDSをお選びください


DSシリーズの特徴比較


業務の合間に受診しやすい、DSシリーズ

DSシリーズは、知識などを問う「テスト」とは違い、業務の経験・習熟度・理解度を見える化できるスキル診断です。


一般的なテスト形式と比較した、DSシリーズの特徴

一般的なテスト形式と比較した、DSシリーズの特徴

テスト形式DSシリーズの形式
利用局面
  • 資格試験など、一定の基準をもとに合否の判定を行う場合に多用される
  • 仕事ができるかどうかを見える化し、人材育成、人事異動、組織再構築に活用
設問の種類と特徴
  • 選択,穴埋め,計算問題
    正答/誤答が明確に定まっている
  • 記述式
    採点者の評点による
  • 全て選択式
  • 「正答/誤答」の概念は無し。設問について、受診者自身が認識する状態(理解度、業務遂行度、成長度等)に合致する回答を選択肢から選ぶ
問われる要素
  • 選択、穴埋め
    問われている主旨に即した知識を有しているか
  • 計算
    与えられた条件から正答を導けるか
  • 記述
    問われている主旨に即した事柄が記述され、採点者に伝わる文章になっているか
  • 問われている業務やタスクについて、受診者自身の経験の有無や理解の程度に応じ、適切な回答を選択
準備や負担の内容

<受診者>

  • 必要に応じ、事前勉強(過去問の開示や、出題範囲の事前通知があった場合など)

<管理者>

  • 不正(カンニング等)防止のため、必要に応じ、専用の受診会場を用意
  • Web使用(CBT等)の場合、必要に応じ、検索サイト等へのアクセスを制限
  • 設問漏洩防止のため、日時を決めて一斉に実施
  • 部門ごとに時期がずらして実施する場合、受診終了者に対し内容の口外禁止などの統制措置等、諸々の準備や管理が必要

<受診者>

  • 受診者自身の日常業務、経験が、回答の拠り所となるため事前準備は不要
  • 各自、自分のデスクのPC、携帯端末等にて回答

<管理者>

  • 受診者に診断サイトのURLを通知するのみ。受診者個々人の日常業務、経験等が回答拠り所となるため、不正防止策等の準備、対策は不要
所要時間、他
  • 所要時間はテストの設問数などにより変動(数時間程度ものが多い)
  • いったん試験が始まれば中断は不可
  • 所要時間は、正味30〜40分程度
  • 回答の中断/中途退席/再開が可能(回答の途中保存機能あり)


資料請求/お問合せはこちら